ペンダントをプラスしよう|大人のオシャレ

喜んでもらえる人気商品

それぞれの系統

女性

ペンダントはアクセサリーの中でも比較的手軽に取り入れられるものとして人気があります。男女問わず取り入れやすく、指輪のようにサイズを問わないのでプレゼントしやすいというメリットもあります。ペンダントは贈っても相手をそこまで拘束しないため、もらった方も気軽に受け取れ、自由につけられるというメリットもあります。ペンダントを選ぶときは、ファッションとの相性を考えて選ぶと良いでしょう。日頃コンサバティブなファッションが多いのならば、それにあわせた大人っぽいタイプのペンダントがおすすめです。コンサバティブなファッションには外しのアイテムはあまり相性がよくないので、オーソドックスなペンダントが良いでしょう。ペンダントの長さには、短いものからチョーカー、プリンセス、マチネー、オペラ、ロープとありますが、コンサバティブなものには長くてもマチネーくらいのものが好相性です。あまり長すぎるものは相性がよくありません。贈り物をするときも、マチネーくらいまでの長さがおすすめです。カジュアルなファッションの人は、オペラやロープといった長さのペンダントもおすすめです。カジュアルかつシンプルな感じのファッションには長さとボリュームのあるペンダントがよくあいます。大ぶりなものを一つ持っておくとファッションコーディネートもしやすくなります。特におすすめなのが、革や木といった光沢が少ないタイプの素材で作られたオペラくらいの長さのものです。

インテリアとしても

女の人

ペンダントはアクセサリーの中でも男女問わず人気の高いアイテムです。ペンダントは金属でできているものが多いので、使わない時に保管する場合は湿気の少ないところで保管しましょう。湿気が多いところで保管してしまうと金属の部分がくすんでしまうばかりか、材質によっては錆びてしまったりするので注意が必要です。お勧めの保管方法としては、ペンダントの大きさに合わせたケース等に専用のクロス等を敷き、湿気取りを一緒に入れて保管する方法です。ケースは何でも良いですが、ジュエリーショップ等には専用のケースも販売していますので、こだわる方はこちらの方がお勧めです。また、インテリアのひとつとしてペンダントを保管する方法もあります。壁掛けや額縁、フック等を利用して飾りながら保管する方法です。むき出しで保管する場合はホコリが付いてしまいますので、定期的に清掃を行いましょう。万が一、保管していて金属部分がくすんでしまった場合は、専用のポリッシュやクロスを使って磨いてあげましょう。ここで注意しなくてはいけないのが、なるべく専用のクロスやポリッシュを使用するという事です。アクセサリー専用のものでない場合、研磨剤等が含まれている場合があります。研磨剤入りのもので磨いてしまうと、ペンダント自体に傷がついてしまい、かえって価値が下がったりする場合がありますので注意しましょう。専用のポリッシュ、クロス合わせても2000円程度で手に入ります。

違いについて

アクセサリー

女性に好まれるアクセサリーの中でもネックレスとペンダントはよく似ているので、明確な違いを理解している人は少ないでしょう。その理由には、さまざまな理由はありますが、大きな理由は販売店が明確に商品を区別して販売してはいないせいでしょう。どちらかというと、ペンダントもネックレスも同じものとして捉えて、販売されていることが多いです。ネックレスは、その名の通り首周りを華やかに彩るアクセサリーのことで、ペンダントはチェーンや革紐の先にハートや星もしくはクロスなどの装飾品がついているものを指しています。首にかけたときにネックレスのようにU字にはならず、V字になるものをペンダントと一般的には言いますが、お店によって呼び名は変わることもあるので注意が必要です。ペンダントは、ペンダントトップと言われるハートや星、クロスなどの装飾品をチェーンから外せられるタイプが多いので、その日の気分によってペンダントトップを付け替えておしゃれを楽しむことができるメリットがあります。上質のチェーンさえあれば、ペンダントトップはいくらでも買い足していくことができるアイテムなので経済的なアクセサリーと言えます。そして、ペンダントトップにチェーンの太さやカラーを合わせるようにすると違和感なく馴染みおしゃれに見えます。例えば、大きいペンダントトップをチェーンにつけたいときは、その大きさに合うように太めのチェーンにつけるとバランスがとれるのでおすすめです。小さくて華奢なデザインのときは、チェーンも同じく細めで華奢なものを選ぶといいでしょう。